読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田へGOING!!

好きと嫌いは背中合わせ。秋田在住××年、秋田嫌いの管理人が秋田にこうあってほしいという願いを綴ります

♪16 自殺、ダメ、ゼッタイ!!

2015年も早いものでプロ野球ペナントレースも終わり日本シリーズも終わってしまいました。やっぱソフトバンク強かったですねえ。打撃もそうだけど、投手もいいし守備もよくて仮にセリーグのチームでヤクルト以外が優勝しても同じ結果だったように感じるばなながっこです。こんばんわ。お久しぶりです。まあ、今年のペナントレース総括は侍ジャパンも一段落し、ゴールデングラブベストナインが発表になってかつ更新する機会もあるようでしたら書いてみたいなと思います。

 

 

 

さて、以前の更新で日本の自殺問題について自分の感じることを綴りました。

 

bananagakko.hatenablog.jp

 

日本は世界でも有数の自殺大国でもあり、その自殺大国にあって秋田は世界有数の自殺の有名な地でもあると書き、また今の日本の現状では自殺をなくすことは0に限りなく近いだろうなみたいなことを綴ってきました。今回はその続きです。

 

 

念を押しておきますが、管理人自身も人生は苦しいものであるし、誰かを自殺に追い込む行為はよくないことは百も承知です。自殺関係のニュースが流れるたび心が痛く感じています。そのこと自体に嘘も偽りもありません。

 

 

ただ、そういった自殺のニュースが流れるたび、心の痛さとはまた別にすごく気持ち悪いものを感じるのです。

 

 

自殺することって素晴らしいことなのか!?

 

 

管理人の自殺に対する考え方は、ダウンタウン松本人志氏の自殺に対するとある意見にすごく感銘を受けまして、それに自分なりの考えをアレンジしたものなんですが、

 

logmi.jp

 

最近のニュースって自殺に追い込んだり、きっかけを作った人や組織ばかりを名指しで批判ばかりして肝心の自殺した人の名前を公開しないばかりか自殺した人を批判することがタブー扱いされていることにすごく気持ち悪さを感じるのです。

 

 

何度もいいますが、自殺に追い込む行為をすることはよくない行為ですし、自殺した人の名前を報道しないのは自殺した人の家族を配慮してのことなんでしょうが、こういう報道をしてばかりいると、なんか、

 

自殺という行為自体は悪い行為じゃない!!

 

そう感じてしまうんですよね。

 

自殺した人って周りからかわいそうな人、助けてあげられなかった人として悲劇のヒーローみたいに扱われているような気がしますし、名前も公表されないから少なくても世間からはそれほど悪くは言われないですよね。

 

もっと悪く言ってしまえば、己の命を捨てるのを屁とも思わない人からしたら、今の自殺報道は一種の復讐の道具にもなりますよ。例えば、恋人にふられて自殺を選んだ人がいるとするじゃないですか。その自殺した人がその恋人の名前を書いた遺書を残していたとしたらどうですか?その恋人には精神的ダメージを負わせて自らはその恋人からあれこれ言われない。その上、ニュースでは自殺した人は責められずに自殺に追い込んだ人ばかりがバッシングを受ける。そう、今の社会では死んでしまった者勝ちという風潮も感じられなくありません。

 

 

 

だが、自殺対策のために国や自治体が行うことってキャッチフレーズを考えてティッシュやビラを配ることだけ。自殺大国の秋田では豪華なことに県知事や秋田市長もこれに参加したりもしますが、これをやるだけですごく効き目があるなら自殺問題なんてとっくに消滅していますよ。社会問題として国民に知ってもらおうぐらいが最終目標ならこれで上等でしょうがね。

 

 

 

国や自治体が掲げる周りに声をかけてあげて助け合うことも確かに大切なことかと思います。ただ、それを行うことよりも先にやるべきことがあるような気がしてなりません。そう、それは、

 

 

自殺は悪いことなんだ!!という意識づけ。

 

 

それが日本に一番足りないものなんじゃないかなと思うのです。それを国民に植え付けさせた上で助け合いの精神を発揮しないことには自殺をなくすことはできないんじゃないかと。だから、極端なことを言います。

 

 

自殺した人の名前と住所も公開しなさい!!自殺に追い込んだ人や企業名なんかも公開しなさい!!

 

 

最初は自殺した人だけでいいとも思いましたが、喧嘩両成敗ぐらいがいいのかなぐらいでこう表現しました。遺族がかわいそう?自殺に追い込んだからってそこまでやらなくても・・。そんなの知ったことかあ!!!。

 

 

まあ、言いすぎかもしれません。ただ、一つの極端な形で表現したまでことですので、これが果たして正解かはわかりませんが、自殺を心からなくしたいと思うならこれぐらいの荒療治をしないとなくならないのではないか。もう日本はそれぐらいの段階まで来ている。そう思うのです。

 

 

 

・・えっ?それにしても今回のお前、ちょっときつすぎじゃないか?って。

 

 

滅相もございません。大きなこと言っていますが、管理人も

 

 

自殺した方がマシかなあ・・・。と心でつぶやいていますから。

 

 

今でもですかねえ。人によって背景は違うでしょうが、管理人の場合は仕事。仕事できない方ですし、精神的にも体力的にも疲れるからあまりしたくないというのが本音ですがねえ。自殺した方がマシかなって思いつつも結局死ぬのが怖いってだけなんですが、自殺する勇気を持つよりは遥かに立派なのかなと自らに言い聞かせています。

 

 

それに上でどぎついこと書いてきましたが、現実はもっと冷たいものと感じているのです。

 

 

よく自殺する人の兆候の1つとして自殺を考えている人って何かかしらのサインを出していて周りがそれに気づいてあげれるか?という話を耳にしたことがありまんか?管理人自身も仕事ですごく悩んでいてすごく死んでしまいたい時があって少なからずサインを出していたことがあるんです。さて、そのサインに気づいた人はどれぐらいいるでしょうか?

 

 

答えは0です。特に職場はそれが強くてそのサインを出してしまうとやる気がないと見なされてしまう。職場に限ったことではないかと思いますが、周りの人って口に出して初めてわかるものなんですね。うちの場合も誰かに自ら話してという形だったんですが、自分以上に自殺したいと思っている人って口には出さないと思うんです。結局のところ、現実に行動だけでそれを見破るには限界があるように感じますし、その逆のことにも同じことが言えると思います。俺、自殺する気ないのに自殺する扱いされるみたいな。

 

 

 

じゃあ、この辺はどうすべきなのかはよくわかりません。まだ考え中です。ただ、逆の発想が必要なんじゃないかなぐらいには思います。周りがそれに気づいてあげられないならせめて苦しいと思ったら素直に苦しいと言える世の中に。それを言うのが恥ずかしくない受け止めてあげられる世の中に。残念ながら日本はそこまで至っていないような気がします。まだ心療内科やカウンセリングなどをはじめとしたものに敷居の高さを感じるんですよね。

 

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。感想等あればよろしくお願いいたします。管理人の更新意欲向上にもつながります。ただし、管理人の心臓はシャボン玉でできておりますので取り扱いにはご注意ください(笑)

 

 ブログランキングにも参加しています。面白かったらぽちっとお願いします。管理人が喜びます(笑)

 

 人気ブログランキング

 FC2ブログランキング

 

続きを読むからはコメレスです♪

 

 

コメントありがとうございます♪

 

>しむーさん

そうなんですか。自分は出戻り系のプロ野球ファンで小学生以来なんですよね、野球ファンになったのって。最もその時はクロマティがいた頃の巨人ファンでそのあと、なぜかあまのじゃくになって今でもアンチ巨人なんですが。久しぶりに見聴きするとまたはまるかもしれませんよ。その時は是非、野球談議でも。同じチームのファンじゃなくても大歓迎です。