読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田へGOING!!

好きと嫌いは背中合わせ。秋田在住××年、秋田嫌いの管理人が秋田にこうあってほしいという願いを綴ります

♪35 シミュレーションゲーム

以前にこんな記事を書いた。

 

bananagakko.hatenablog.jp

 

 

以前、↓のブログの管理人kouさんが発案したカラオケチャレンジに再挑戦してみた。

mattaripanda.hatenablog.jp

 

ルールをおさらい。

 

 1、タイトルが「あ」で始まる曲から順番に1音1曲ずつ歌っていく(ちなみに「は」と「ば」と「ぱ」は「は」に含める)

2、同一アーティストの複数回歌唱禁止。(ただし、同一人物別名義はOKとする)

3、歌える曲がないときはその日はそこで終了。何か1曲歌えるようにしてから後日再開。(たとえば「ま」でつまずいたら、タイトルが「ま」で始まる曲を一曲選んで練習。後日、その曲から再開する)
 
4、事前の練習やイメージトレーニングはしない(笑)。(出たとこ勝負の予想できない展開を楽しみたいので)
前回挑戦時は、初チャレンジということで2と3のルールを多少破ることになってしまった。今回は、それもクリアした上で挑戦。かつ独自ルールで下記の5をルールに追加した。
5、採点モードを使用し最低限の点数を取れなければやり直し。(今回はJOY SOUND f1の全国採点モードを使用。80点を最低ラインとする)
一見すると厳しいかもしれない。なぜこんなルールを追加したのかはセットリスト後の感想に書いてあるのでそちらを参考にしてほしい。
 
以下、セットリスト
 
1.ANOTHER WORLD/Gakct
2.innocent worid/Mr.Children
4.evolution/浜崎あゆみ
5.俺ら東京さ行くだ/吉幾三
6.硝子の少年/kinki kids
7.黄色いお空でBOOM BOOM BOOM/黄色5
8.GLAMOROUS SKY/NANA starting MIKA NAKASIMA
9.GET UP!ラッパー/SOLT5
10.GO!GO!Heaven/SPEED
11.SANDY/SADS
12secret base~君がくれたもの/ZONE
13.SCREAM/GLAY×EXILE
14.世界に1つだけの花/SMAP
15.空と君の間に/中島みゆき
16.大器晩成/アンジュルム
17.CHOICE&CHANCE/juice=juice
19.ディスコード/東京女子流
20.TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
21.夏祭り/white berry
24.NEO UNIVERSE/L'Arc~en~Ciel
25.Nostalgia/相川七瀬
26.HELLO!/HYDE
27.ピストル/黒夢
28.ファッションモンスター/きゃりーぱみゅぱみゅ
30.WHITE BREATH/T.M Revolution
31.MY BOY/Buono!
32.ミュージックアワー/ポルノグラフィティ
33.胸騒ぎスカーレット/Berryz工房
34.メギツネ/BABY METAL
35.ももち!許してにゃん体操/ももち(嗣永桃子)featringBerryz工房
36.やめてよ!シンドバッド/モーニング娘。
37.誘惑/GLAY
38.ようかい体操第一/Dream5
39.LOVE2000/hitomi
40.Re:/9nine
41.RUIDO/YUI
42.レーザービーム/Perfurm
43.ROCKET DIVE /Hide with Spread Biver
44.ワニとシャンプー/ももいろクローバーZ
とこんな感じ。以下、感想等。
 
kouさん、とりあえずこんな感じでいかがでしょうか?(最近、ブログ更新ないので見てもらえているかわからないが)。前回できなかったアーティスト被りはなく無事50音達成できたか思います。ミッションコンプリート!!・・といいたいところだが、カラオケは月に1度行って長居するタイプで今回もその日1日でのクリアを目指してやりました。間を挟んでしまうと誰を歌ったかどうか忘れてしまうし、テンションが下がって多分やらなくなるだろうから1回でやろうとするのがポリシーなのですが、今回は時間の関係上41.の『る』の項までしかできなかった。『る』の項を入れている段階で既に残りの『れ』『ろ』『わ』は終盤だけあってこれで行こうと心に決めてあったので載せましたが無念です。1日クリアを目指すなら最低でも5時間は必須。時間にゆとりをある日を選びましょう。
 
 
★ルールの項の5、を追加した理由ですが、最低限歌えているかどうかを チェックするため。例えば、久しぶりに歌った曲などの場合などメロディーを一部忘れていてそれほど歌えていない場合もあるのではないかと思ったんです。セットリストでいうと9.のGet UP!ラッパーや10.のGo!Go!Heavenなんかがそうです。後は、前回つまずき歌えなかった『ぬ』の項の23.ヌイグルマーZなんかはYouTubeでちょこっと見ただけですし、16.の大器晩成もよく聴くなあと思いつつもカラオケでは初挑戦でした。故に最低限度のボーダーラインがあった方が歌もしっかり歌えてスリルを味わえるのではないかと思いルールに追加しました。ちなみに100点満点中の80点にしたとなると意外とハードルが高く感じるかもしれません。機種にもよるかもしれませんが、この手の採点ってどんなに歌えていなくても最低でも60点台、70点台は取れるようにできているからです。メロディーさえずれていなければ80点台初頭は取れるのでそう難しい設定ではありません。
 
★ちなみに今回の採点で最もハイスコアだったのは、意外にも津軽海峡冬景色の93.069点だったからびっくり。まあ、介護の仕事してたときはよく職場で歌っていたからな。次点でBerryz工房の胸騒ぎスカーレットの92.100、次いでL'Arc~en~CielのNEO UNIVERSEの90.578。今回は調子が悪かったのか90点台は以上3曲のみ。声質が太くて低いタイプなのでラルクでこの成績ってのは驚きだった。それでも中盤以降のセレクトだったからかもしれない。逆に序盤の曲は得点どうこうは抜きにしても苦しかった。最近の男性ボーカルの曲は声が高いのだ。だから、声が太くて低い管理人はルーティン的な意味合いもあって序盤は女性ボーカル(特にアイドルもの)を入れる。性別が違うからかキーを思い切って変えやすく喉を慣らしやすいのだ。裏を返すと序盤が男性ボーカルだと喉が作れなくてキー的にきいのだ。序盤に女性ボーカルでも思いつけばよかったのだが。
 
★ルールの4、に則りイメージトレーニングはしていないが、戦略性の高いシミュレーションゲームであるようにも感じた。序盤は極力レパートリーの少ない歌手の曲を入れていく作戦。でも、いざカラオケに入ると意外と曲が浮かんでこないものですね。中盤から終盤にかけてはレパートリーが豊富な歌手をどの辺でつぎ込むか、そこに苦心した。『ぬ』は勿論だが、レパートリー的に広くない『な』行や『や』行、『る』などにいかにレパートリーの広い歌手を温存しておけるかもカギとなる。歌手として便利なのもいくつかあって、1つはコラボレーションやソロ展開もしている歌手。セットリストの中ではGLAY×EXILEHYDEは強力な武器となる。そして、サブユニットを展開しているアイドルグループも強み。特にハロプロは強い。例えば、モーニング娘。定義の曲でも『〇〇〇〇、〇〇〇〇』(〇はメンバー名)など歌手としては分別されている。上記のセットリストではBuono!Berryz工房×矢口真里(かなり初期の曲だね)、ももちなんかがそれにあたる。
 
★どんな曲を好き好むかはセットリストから想像してみてください。ただ、攻略の上ではレパートリーが広い方が展開はしやすい。最近のJ-POPのみならず懐かしのJ-POPや演歌、アニソン、洋楽もレパートリーにあるといいね。さて、次回は逆に『わ』からやってみようか。
 
 
 

最後までご覧いただきありがとうございました。感想等あればよろしくお願いいたします。管理人の更新意欲向上にもつながります。ただし、管理人の心臓はシャボン玉でできておりますので取り扱いにはご注意ください(笑)

 

ブログランキングにも参加しています。面白かったらぽちっとお願いします。管理人が喜びます(笑)

 

 人気ブログランキング

 FC2ブログランキング

 

 

続きよりコメレスです。

 

 

 コメントありがとうございます。コメレスです♪

 

 

>しむーさん

自分も昔はそれは嫌でした。自分はここ最近のプロ野球ファンだからです。最近は地上波での放送も少なくなり、延長もあまり放送しなくなりました。日本シリーズなどは別ですが。CSで見れるのは嬉しいですが、プロ野球パックとなると少し値段的に高いのが本音。スカパーのセレクト5でヤクルトのホームゲームだけは全試合見れるようにしています。本当は楽天のホームゲームも見たいのですが、楽天を含む一部の球団はセレクト5で選べなくて。