読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田へGOING!!

好きと嫌いは背中合わせ。秋田在住××年、秋田嫌いの管理人が秋田にこうあってほしいという願いを綴ります

♪63 鳥さんと暮らす側から見る秋田の動物病院事情

f:id:bananagakko:20161007174037j:plain

オカメインコのココが家にやってきて2週間ほど経つが、ココは元気です。元気よすぎです。家に帰ってくると出迎えてくれるが、待ってましたと言わんばかりにケージから出せ!!アピールしまくりです。オカメインコって甘えん坊って聞いてはいたけど、今のところ、神経質で臆病とは無縁そうな。

 

 

そんなこんなで今日はココの健康診断に行って来ました。それにしても秋田は鳥さんを飼う環境には恵まれていないなと実感させられます。

 

とにかく秋田で鳥さんを診てもらえる動物病院が少なすぎる。しかも、あくまでも鳥さんも診れますよといった動物病院しかない。いわゆる鳥専門の動物病院が秋田には存在しないのだ。鳥専門なんて贅沢じゃないかと思われるかもしれないが、隣の岩手や仙台にはそういった病院が存在する。まして、犬や猫、うさぎなどと違い鳥さんは哺乳類ではない。当然、鳥類なのだ。鳥さんも病気はするし、犬や猫並みに生きる。それを考えると、病気をしたらどうしようという不安は秋田に住む限りは尽きない。

 

ちなみに巷では今はインコブームと呼ばれているらしい(うちは実感はないが)。個人的に動物をブームで飼うのはいかがなものかと思うが、逆にブームが広がってくれないかという想いもある。鳥さんを飼うというのが犬や猫並みに広がれば秋田でもインコを診てくれるお医者さんが増えるのではないかと考えるからだ。現状では秋田市でインコも診てくれる動物病院は2~3か所しかない。

 

ココはその中の秋田市の山王(川尻?)にあるM動物病院を受診することにしました。先代のインコ、メロンは秋田市の泉にあったA動物病院だから別の病院を選択したことになる。まあ、以前からM動物病院に興味があったということもあるが、A動物病院に多少なりともなんかとっつきずらさを感じたからでもある。

 

あくまでも個人の感想だが、鳥さんも診てもらえるMとA動物病院を比べたらこうなる。

 

●M病院の方が対応は好感が持てる。スタッフさんの数も多く、受付を済ませてから車や自宅の方で待機も可能である。A病院は全ての動物を診てもらえるが対応はやや淡泊。

 

●M病院は予約が可能だが、歯医者さんと同じで予約しても何時間か待たされる。ただ、待たされている間もスタッフさんが気配りしてもらえる。A病院は予約は不可能で基本早い者勝ち。だが、日曜日も対応してもらえる。

 

●M病院は先生が3人ほどいるが、鳥さんを診れるのは院長先生のみ。知識や腕はよくわからないが、A病院の方がいくらか鳥さんの保定が上手。

 

●診察スペースや待合室はどっちも似たようなものだが、スタッフの数がいる分、M病院の方が多少狭く感じる。

 

●先生との相性は飼い主さん次第。個人的にはM先生の方が方が話しやすいし、丁寧に教えてくれるので、しばらくはこちらを主治医にしたいと思う。

 

とりあえずはこんな感じ。セカンドオピニオン的なことが必要なら他県の動物病院を考えようと思う。本当は秋田にも鳥専門の病院ができることを望むが。

最後までご覧いただきありがとうございました。感想等あればよろしくお願いいたします。管理人の更新意欲向上にもつながります。ただし、管理人の心臓はシャボン玉でできておりますので取り扱いにはご注意ください(笑)

 

ブログランキングにも参加しています。面白かったらぽちっとお願いします。管理人が喜びます(笑)

 

 人気ブログランキング

 FC2ブログランキング

 

 

 

 

♪62 規格外であれ!!

f:id:bananagakko:20160925154215j:plain

人生××年生きてきて、自身初のペットでもあったマメルリハインコのメロンを亡くして1週間ほど経つ。亡くした次の日には埋葬し、今、メロンは↑の写真(うまく撮れなくてすみません)のお花の下で眠っています。この鉢植えは玄関先にあるので仕事の行き帰りの時に行ってらっしゃいやおかえりみたいに見送ってくれているよう。

 

 そして、それからの自分はというと、事故で亡くした日は全く眠れなかった。悲しいというより呆然自失といった感じ。さすがに2~3日はショックでまるで心から何かが抜け落ちた感じで気持ち悪かった。

 

気持ち的に落ち着いてきた頃、今後、どうしようかなと考える。結構、答えが出るまで時間がかかるかなと思っていたが、意外にも答えは早くまとまった。

 

新しい鳥さんをお迎えしよう!!

 

なんだ、立ち直るの早すぎねとか思われるかもしれない。ただ可愛いからという安易な気持ちで考えているんじゃないの?とか言う人もいるかもしれない。でも、安心してください。しっかり覚悟を決めたうえでの決断です。

 

自分は動物を飼ってみたいと初めて思ったのがここ1年以内の人間です。おそらく今、ペットを飼っている人、もしくはこれまで飼っていた人と比べてそういう気持ちになるのは遅い方かと思います。そう思い始めて一番最初に飼いたいと思い始めたのが猫でしたが自分自身が猫に対して強いアレルギーを持っていたため猫を飼うのを泣く泣く諦めます。そんな最中に出会ったのが鳥さんでした。特にインコって犬や猫なみになつくんだなって。幸いインコに関してはアレルギーをクリアできていたので、その日から少しずつインコを飼ってみたいという気持ちになり、今日まで至ります。

 

やっとの思いで飼い始めたペットのインコを家に来てわずか4カ月も満たずに亡くしてしまいます。そして、俺には動物を飼う資格なんてないんじゃないか?と思い始めます。それと同時にここ1年以内であるもののやっとの想いでペットを飼うという憧れを手にしたのにこういう形で終わらせてしまっていいのか?しばらくはその相反する気持ちとの戦いでした。

 

新たに鳥さんを飼う場合、小型のインコゆえに起きやすい事故でもあっただけにまた同じ事故を起こしてしまわないか?もし、起こしてしまったとき、俺は動物を飼うことにトラウマのような恐怖感を覚えてしまわないか?その気持ちとの戦いもありました。

 

そして、戦いの結果は、やはり鳥さんを飼うという気持ちの方が大きく上回った。しかし、事故への恐怖感は拭いきれないまま。一応、事故の再発防止策は立てたものの事故を0にするのはまずできないし、少なくても同じマメルリハやセキセイインコなどはまだ怖い。そこで注目したのは中型インコでは最もポピュラーなオカメインコ。このオカメインコなら事故への恐怖感をやわらげつつ飼うことができるのではないか?と。

 

ただ、ちょうど今が雛のシーズンでもあるが、オカメの人気もあってなかなかいい子と巡り合えない。うちは家庭の関係上、雛からさし餌して育てることができずお店で育ち一人餌に切り替わっているかつ手乗りになる可能性を秘めた子を探していたのだが、オカメは雛のうちに売り切れてしまう(雛のうちから育てれば手乗りになる可能性が非常に高いのだ)。正直、来年の春の雛のシーズンまで待つことも視野に入れ始めた。その頃には事故への恐怖感も薄まっているだろうし‥。

 

そんな中、盛岡まで足を運んだら、いいオカメの子と巡り合うことができてお迎えしました。紹介します。

 

f:id:bananagakko:20160925154552j:plain

f:id:bananagakko:20160925154657j:plain

オカメインコの男の子(なんちゃって女子の場合あり)、ココです。

 

一人餌デビューしたての子。誕生日が8月以外は不明なので8月生まれの自分と同じ誕生日にすることにしました。

 

オカメインコは臆病で繊細な子が多いと聞いていましたが、今はそれを感じさせないぐらい元気いっぱいです!!いい意味で本当にオカメインコか?と思わせるぐらい(笑)。

 

ちなみに名前がココになった理由は、燕党(東京ヤクルトスワローズファンのこと)の皆さんならご存知ですよね。そう、

 

東京ヤクルトスワローズの外国人選手のバレンティンの愛称、ココからです(頭がココナツみたいだから)!!

 

‥ってのは嘘です。家族会議で名前を決める際、自分が万が一、女の子だった場合でもいいように男でも女でもどちらでも使えそうな名前を提案していき、これが通っただけのこと。我が家では名前の意味よりも呼びやすいかどうかが大事みたい。

 

ちなみに野球をそれほど知らない人でも3年ほど前にバレンティンがシーズン本塁打60本を達成し、日本記録を打ち破ったのをご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?オカメは一般的に気が優しい甘えん坊でちょっぴり臆病な性格の子が多いと聞くので、バレンティンみたいに

 

規格外のパワーや元気を持った子に成長してほしいと思います!!

うーん、こじつけ感が半端ないかな。最近、バレンティンもケガが多いしなあ‥。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。感想等あればよろしくお願いいたします。管理人の更新意欲向上にもつながります。ただし、管理人の心臓はシャボン玉でできておりますので取り扱いにはご注意ください(笑)

 

ブログランキングにも参加しています。面白かったらぽちっとお願いします。管理人が喜びます(笑)

 

 人気ブログランキング

 FC2ブログランキング