読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田へGOING!!

好きと嫌いは背中合わせ。秋田在住××年、秋田嫌いの管理人が秋田にこうあってほしいという願いを綴ります

♪2 けんかを売れ!!

好きな女性芸能人は誰ですか?と聞かれればアイドルに関心等がある人ならそのままアイドルの名前を答えますが、アイドルの名前を言えばはっ?と返してきそうな人には北乃きいくみっきーと答えるばなながっこです。こんばんわ。

 

 

さて、今年のお盆にわが愛しのくみっきーが秋田でトークショーを開催しました。

 

f:id:bananagakko:20150830192221j:plain

 

そのトークショーでMCの女子アナから秋田の人の印象はどうですか?と尋ねられたくみっきー。その時、彼女は、

 

 

秋田の人はしょしがり(恥ずかしがり)

 

そのようなことを言っていたのを覚えています(別に悪く言っていたわけではありませんよ)。

 

そのくみっきーの回答に、

 

 

自分も激しく同意します!!

 

 

別に彼女が言うこと全てになんでも賛成する管理人ではありませんが、秋田県民の管理人から見てもそれを感じることは多々あります。

 

 

そして、彼女の発言とは別に管理人はこんなことも常々思っています。

 

 

 

秋田県は観光をアピールするのが下手だな!!

 

 

と。くみっきーの語った秋田県民のイメージと組み合わせると、

 

 

秋田県民はしょしがりだからアピール下手なのかな!?

 

そう考えたりしています。

 

 秋田県の観光PRが下手に感じる点。

 

正直、秋田県は観光資源に乏しい県だとは思っていません。探せばいっぱいあるように思うんですが、それを見つけれていない、それに気づいていない、それをうまく活かせていない

 

 

そして、それに気づいていないから観光資源を無理やり作っているように見ていて感じます。エリアなかいちなんかがその最たる例。そもそもテナントが一時全撤退してから計画を見直し再オープンするところなんて秋田が観光PRへたくそだってことを証明してしまっているようなものです。

 

 

名産品に限っては秋田市B級グルメかやきを使って何をしたいのでしょうか?うちが食べなくて馴染みがないだけなんでしょうか?正直、かやきって何ですか?かやきを知らない秋田の人も多いんじゃないですか?それにB級グルメで秋田をアピールするには盛岡の冷麺大阪のたこ焼きみたいに街中で気軽に食べれる(居酒屋で食べれるは除く)ないし、秋田在住のほとんどの人がソウルフードと呼べる代物でなければなりませんが、秋田市内を車で走ってもあっ、かやきの店だ!!というシチュエーションに少なくても自分は出会ったことがありません。B級グルメとしてご当地グルメとしてのかやきは基本的に失敗といってもいいかもしれません。

 

 

 かやきが出てきたので、今回は名産品とご当地グルメに関しての個人的な意見を書かせていただきますが、一言で簡潔に言うと、

 

 

けんかを売れ!!

 

 

えー、物騒なこと言って申し訳ありません。ただ、ここで表すけんかとは殴り合いや戦争、口論の類ではございません(汗)。

 

 

秋田県外の人にお聞きしますが、秋田県のおいしいものと言えば何を想像しますか?大抵の方はおいしいお米きりたんぽをイメージするんじゃないかと思います。実際、秋田市でライブをやられたGLAY175RのメンバーさんもかつてMCでよくそのお話をしていました。マニアックな方ではお酒が好きな元モーニング娘。首領中澤裕子姐さんが日本酒や比内地鶏のお話をされていましたが、まあそんな感じです(笑)。

 

 

日本酒や比内地鶏はともかく、あきたこまちきりたんぽには名産品やご当地グルメとしては致命的な欠点があります。それは前者は秋田県でなくても気軽に買えてしまうこと、後者は冬場の名産品だということです。ちなみにきりたんぽというと棒状のものをイメージされる方も多いかと思いますが、本来はあれを鍋に入れて食べるものですので、あれは冬の食べ物なのです。

 

 

要するに秋田県を美味しいものがいっぱいある県として更にアピールするには季節の影響を受けにくく秋田にわざわざ足を運んででも食べたいと他県の人に思わせる名産品が必要だと管理人は考えるわけです。

 

そこで先ほど挙げたけんかを売れ!! 。

 

きりたんぽかやきのように秋田県特有のオリジナルフードでは限界があるように思うんです。他県の人にはなじみがないからです。

 

 

そこで管理人ばなながっこが目をつけるのは稲庭うどん。日本3大うどんの1つですごく高級で贈答用として非常に喜ばれるうどんです。味は折り紙付きなんですが、最大の欠点として高級であるが故、秋田県民もそれほど食べないんです。管理人もうどん好きなんですが、丸亀製麺讃岐うどんをよく食べています(苦笑)。全国的に見てもうどんといえば讃岐うどんの方が定番なんじゃないでしょうか?

 

 

でも、日本3大うどんの県の1つとしてうどんといえば讃岐というのは非常に悔しい。丸亀製麺稲庭うどん版を全国チェーン展開、チェーン展開と行かないにしても秋田でもう少し気楽に食べれないかと思うわけです。そうするには、稲庭うどんを品質を落とさない上でもう少し値段を抑える必要があるんでしょうけど。

 

 

つまり、けんかを売れ!!という本当の意味とは・・・、どう言ったらいいんでしょうね(苦笑)。

 

まあ、こういうことです(いい加減!!)。要は、浜松餃子が宇都宮餃子に勝負しに行って全国的にその対決の構図が定着するみたいなことです(投げやり!!)。この結果を見ると浜松はすごくうまいこと考えたなと尊敬するわけです。宇都宮側もけんかを売られたことによって宇都宮餃子の人気効果がでるわけですし。

 

 

こういうやり方をとれば、うどん以外にもアピールすることも可能なはずです。

 

 

例えば、納豆。実は秋田は納豆発祥の地とも言われ石碑まであるぐらいなんですが、全国的に見ればそのことはマイナーで、納豆といえば茨城の水戸の方がメジャーだと思います。そこを利用すれば納豆で町おこしも十分可能ではないでしょうか?当然、秋田から水戸へけんかを売りに行きましょう。挑戦者側が王者にけんかを売りに行くのが当たり前!!

 

 

 また、こんなデータがあります。実はお隣の山形はラーメンの消費量が日本一なんです。ただ、山形には負けますが、秋田も5本の指に入るラーメン好きな県です。しかも、秋田のラーメン店にはこんな実績がある。

 

 

このつけ麺博2013に秋田から2店舗出店している。店自らの立候補なのかファンからの選出なのかがいまいちわからないが、地域ブロックから5店舗ぐらいしかエントリーできないので、それ相応の人気と実力がないとエントリーが難しいものと思われる。人口の少ない地方中の地方県からのエントリーが秋田だけというのも強みだ。どちらの場合にしても秋田のラーメンはおいしい、秋田はラーメンに力を入れているということにならないだろうか?秋田のラーメンに決まった形こそないもののこれを武器に山形へ東北のラーメン戦争を仕掛けに行くのも面白いかなと思う。

 

 

 

最後につけ麺博にエントリーした竹本商店のラーメンの写真でも貼って終わろうとしたが、見つからなかった。残念!!でも、ラーメン好きでもある管理人も行きつけのラーメン店なので秋田に来た際は是非!!びっくりするはず、きっと。

 

 

 最後までご覧いただきありがとうございました。感想等あればよろしくお願いいたします。管理人の更新意欲向上にもつながります。ただし、管理人の心臓はシャボン玉でできておりますので取り扱いにはご注意ください(笑)

 

 ブログランキングにも参加しています。面白かったらぽちっとお願いします。管理人が喜びます(笑)

 

 人気ブログランキング

 FC2ブログランキング